介護 夜勤専従パート

24時間体制の介護施設では夜勤スタッフの募集も多い

介護施設での夜勤専従パート

介護の夜勤専従パートに関する情報です。

有料老人ホームや特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者住宅のように24時間体制で運営されている介護施設があります。

そのような施設は日勤以外に夜勤で働けるスタッフを募集することが多いですね。

「夜勤は出来るだけ避けたい…」と考えている正社員が多ければ、必然的に夜勤専従の介護求人が出されます。

夜勤専門の正社員求人もありますが、日勤よりも少ない出勤回数が基本なので、時給制のパートスタッフを募集するケースも多いようです。

実際に介護の夜勤専従パート求人を見ても、幅広いエリアで募集されていますね。

東京や千葉、神奈川、埼玉のような関東地方はもちろん、関西地方、東海地方、四国、九州、東北、北海道など、全国的に24時間体制の施設は豊富ですから、まずは介護求人サイトを利用して、お住まいのエリアの夜勤専従パートを探してみて下さい。

夜勤専従パート高時給

夜勤専従で働くメリットとして、高時給がありますね。

・18時~22時 時給25%増
・22時~翌朝6時 時給50%増

上記のような介護パート求人が実際に見つかりましたよ。

他にも、深夜手当として時給+600円、早朝夜間手当として時給+300円と記載されている求人もありました。

また、夜勤1回につき日給15,000円、日給20,000円など、時給ではなく日給で募集している介護施設も見られましたね。

夜勤の割増賃金は労働基準法という法律で定められていますし、日給より稼ぎやすいのは間違いないでしょう。

日勤の介護パートが時給900円だとしても、夜勤でシフトに入れば1,000円を超えるでしょうし、日給換算すれば大きな差になりますね。

そのような高賃金という魅力が夜勤専従にはあります。

夜勤専従の方が働きやすいことも

「介護の夜勤専従は生活のリズムを崩しやすい」と言われます。しかし元々のリズムが夜型の方にとっては、夜勤の方が心地良く働けるんですよね。

私も夜型タイプですが、昔から休みが続けば自然に昼夜逆転していました。周りからは身体に悪いと言われても、自分にとって自然なペースですし、逆に昼間に起きている方が体調を崩しやすいです。

人にはそれぞれバイオリズムがあるそうで、夜型タイプの方にとっては、夕方から夜、深夜、早朝まで働く方がスムーズなんですよね。

介護の夜勤専従は日勤よりも経験重視とも言われますが、その辺りは介護求人サイトのアドバイザーに相談されて下さい。

夜勤専従パートのニーズ自体は高いと思いますので、積極的に求人を探して下さいね。

【関連記事】
オープニングスタッフ募集の介護施設
夜勤無し 介護求人
週2,3日勤務OK、パート介護求人



希望のパート求人が見つかるおすすめ介護求人サイト

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

介護 夜勤専従パート関連ページ

短時間 夜勤 介護パート求人
短時間で稼げる夜勤介護パート 短時間の介護パートでも、夜勤なら高時給、高日給を稼ぎやすいですね。日勤で時給1, […]