介護福祉士求人

介護福祉士 資格取得した後の職場探し

投稿日:

介護福祉士を取った後の就職先

就職先に悩む女性

介護福祉士の資格取得した後の職場探しについてお伝えしますね。

初任者研修や実務者研修よりも介護福祉士は就職に強いので、様々な職場で働ける可能性が高いですよ。

メジャーな職場として以下がありますね。

・特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
・介護老人保健施設
・有料老人ホーム
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護)
・デイサービス(通所介護)
・デイケア
・訪問介護事業所
・訪問入浴介護

他にも、身体障害者福祉施設や知的障害者福祉施設で働く介護福祉士もいます。

しかし大多数の方は、老人ホームやデイサービスのような介護施設、もしくは訪問介護ステーションが就職先となりますね。

新卒と経験者で異なる職場探しのポイント

専門学校を卒業して介護福祉士として働き始める方もいれば、実務者研修を取得して介護福祉士を取得する方もいます。

今まで介護の現場で働きながら資格取得した場合と、新卒で働き始めるのでは職場探しも異なると思います。

新卒者は訪問介護よりも老人ホームの方が良いかもしれませんね。その方が食事介助や入浴介助、排泄介助を施設で学べますし、分からない点は先輩介護士に聞けますので。

訪問介護は一人で訪問するケースも多いので、スキルと経験が無ければ難しいと言われています。

もちろん最初から訪問介護で働く介護福祉士もいますし、その辺りは研修体制の充実や育成システムにもよりますが、基本的には介護施設から働き始めると良いでしょう。

それに対して、介護の現場で働きながら介護福祉士資格を取得した方は、老健や特養、デイサービス、デイケアを探したり、訪問介護の求人募集を探して転職しても良いですね。

介護スタッフ(無資格)も介護福祉士も、仕事内容に大きな違いは無いようですが、雇用主からの信頼が異なります。

介護職員初任者研修は短期取得しやすいですが、介護福祉士は専門的な学習を行う必要がありますよね。

実務者研修と比較しても難易度が高いですし、その分、介護のプロフェッショナルとして認識されていますから、信頼性が高いのではないでしょうか。

介護福祉士と共にケアマネジャーや社会福祉士の資格を取得すれば、更に職場の幅が広がりますしね。

より詳しい情報につきましては、介護求人に強い人材紹介会社に問い合わせてみて下さい。

タイミングが合えば早期転職、就職も可能ですし、あなたの地域の求人数も分かりますよ。

-介護福祉士求人
-, ,

Copyright© 未経験から始める介護パート求人 , 2019 All Rights Reserved.