未経験から介護の仕事

介護の仕事、無資格でも応募可な求人

投稿日:

資格を持っていなくても介護の仕事に応募できる?

無資格で介護求人に応募する

介護の仕事、無資格でも応募可な求人について。「介護業界で働くには資格が必要」と思っている方もいますが、実際はどうなのでしょうか?

確かに資格を取得している方が採用されやすいと言えるでしょう。老人ホームやサ高住のような介護施設の人事としても、資格者と無資格者の履歴書が同時に届けば、資格者の方にアドバンテージを与える可能性が高いです。

その理由として、履歴書・職務経歴書でアピールできる箇所は限られているんですよね。志望動機・自己PRは主観的なスペースですが、資格欄は客観的かつ社会的な証明に繋がります。

そのため、資格欄に、

・介護福祉士
・実務者研修
・初任者研修
・ホームヘルパー2級

などと記載されていれば、採用担当者の印象は良くなるでしょう。

しかし無資格だからといって、介護業界で働けないわけではありません。慢性的な人材不足が続く業界ですから、介護資格を取得していない志願者でも、積極的に採用している施設がありますよ。

そのような介護施設・訪問介護の求人に関しては、募集要項に【無資格歓迎】【資格不問】と記載されていることが多いです。

逆に資格者優遇に関しては【実務者研修修了者】【介護福祉士の方歓迎】のような表記が見られますね。

無資格と共に未経験の場合も、【資格・経験不問】の求人がありますから、まずは介護求人サイト(介護紹介会社)を利用して探してみて下さい。

無資格でも介護施設に採用されるコツ

私も以前、介護職への転職を考えましたが、【無資格可】の求人が一定数ありましたね。東京や大阪のような大都市ではないため、そこまで多くありませんでしたが、それでも自宅近所の介護施設が募集していました。

今から数年前の話しですし、高齢化社会はますます進行中なので、おそらく現在の方が、無資格でも介護求人を探しやすいと思います。

そのため、最初から「無資格だからダメだろうな…」と諦めず、積極的に求人募集を探してみて下さい。介護求人サイトを利用すれば、今現在、リアルタイムで募集している求人が分かりますからね。

しかし大切なのは、現在は無資格でも、資格取得の意志を持つことです。それを履歴書や面接でアピールする方が良いですね。

前述したように、採用担当者の多くが「資格者を優先的に採用したい」と考える傾向にあります。未経験でも介護職員初任者研修を取得している方が、最低限の介護技術を備えているわけですから、指導時間はかからないですよね。

それに対して未経験かつ無資格者の場合、全くのゼロから指導する必要がありますので、採用側としてもリスクが高くなるのです。

それを補うには、履歴書内で「現在、介護職員初任者研修の勉強をしています」とアピールしたり、面接で「将来的に介護福祉士の資格を取得したいです」と伝える方が良いでしょう。

そのような仕事へのやる気、熱意、情熱を伝えられれば、無資格でも充分に採用されると思いますよ。

あとは1件でも多く無資格歓迎の求人を見つけ、どんどん場数(面接)をこなして下さい。タイミングが良ければ、早期に仕事に就けることもありますし、それでもダメなら改めて資格試験に挑戦すれば良いのです。

最初の一歩は介護求人サイトへの登録ですから、気軽に行ってみると良いでしょう(無料で利用できますしね)

【関連記事】
パート介護求人 扶養範囲内で働きたい
短時間OK、パート介護求人
働きやすい介護施設を見分ける求人の見方

-未経験から介護の仕事
-, ,

Copyright© 未経験から始める介護パート求人 , 2019 All Rights Reserved.