未経験から介護の仕事

介護の仕事 無資格の制限は?

投稿日:

有資格者と無資格者の業務内容の違い

介護の仕事内容

介護の仕事、無資格の制限はあるのでしょうか?

「介護保険上、制限はない」という見解もありますが、実際は資格者と無資格者で仕事内容が分かれるケースが多いようです。

たとえば無資格者は介護助手、介護補助として募集されます。業務内容は【日常生活の介助】がメインになるでしょう。

・室内の掃除
・衣服の整理
・日用品の買い物
・ベッドメイク
・歩行のお手伝い

などですね。

資格者が行う身体介護(排泄、食事、入浴)ではなく、上記のような間接的な介護業務が多いと思われます。

そのため、最初から仕事内容を広げたい場合は、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得する方が良いですね。

少なくとも「働きながら介護資格を目指す」という気持ちは重要です。

特に正社員を目指すなら(もしくは無資格でも社員として採用されたなら)、初任者研修、実務者研修、そして介護福祉士の取得を期待されるのではないでしょうか。

専門学校で介護福祉士を取得する、という選択肢もありますが、社会に出る前の10代でなければ難しいと思います。時間とお金に余裕があれば別ですが、多くの方は、生活のために介護の仕事を考えているはずです。

その場合、『介護業界で実務経験を重ねながら介護福祉士に挑戦する』というルートもありますし、まずは初任者研修を取得して仕事の幅を広げ、その後に介護福祉士へステップアップしても良いでしょう。

いずれにしても、無資格より有資格の方が選択肢は広がりますので、将来的な資格取得を考えてみて下さいね。

尚、お給料に関しても、資格取得でアップすることが多いですよ。時給制なら100円~400円(保有資格によります)のアップが見込めますし、月給ならプラス1万円~5万円の昇給が考えられるでしょう。

介護施設によっても基準は異なりますが、資格取得でマイナスになることはありませんので、就職後に目指してみてはどうでしょうか?

【関連記事】
パート介護求人 扶養範囲内で働きたい
30代、40代 介護求人 無資格・未経験可
新規オープン施設の介護求人

-未経験から介護の仕事
-, ,

Copyright© 未経験から始める介護パート求人 , 2019 All Rights Reserved.